脊柱起立筋のしくみと働き

背筋筋トレ種目
筋トレ・フィジカル > 背筋 > 脊柱起立筋

大沼きん脊柱起立筋」ていう名前は聞いた事はあっても、背中の筋肉という事だけで、どのような筋肉かはあまり意識した事はないのではないだろうか。「起立筋ってこれでしょ?」と、勘違いされてる事も実際あります。脊柱起立筋とはどんな筋肉でどのような状態なのか学ぼう!

▼目次 【非表示

1:どんな筋肉?

背筋アニメ動画

脊柱起立筋だけを鍛える筋トレは少し難しいと言えます。なぜなら実は"脊柱起立筋"という独立した筋肉はありません。骨盤から脊椎をつないでいる、脊柱起立筋は広背筋と僧帽筋よりも内側にある表面からは見えない細長い深部筋肉群を総称して脊柱起立筋と呼ばれています。そしてこれらの筋肉それぞれでは大きな力を発揮することはなく、まとまって脊柱を安定させるために働き、文字どうり脊柱を「起立」させるために働きます。広背筋と脊柱起立筋の注意点

これは脊柱起立筋?

時々見受けられるのが右の注意→の部分、つまり腰の部分をさしてここが脊柱起立筋だと勘違いされている事。もうお分かりだと思いますが、ここは広背筋と脊椎・骨盤をつなぐ腱です。

2:チームで働く脊柱起立筋

したがって脊柱起立筋だけでからだをもちあげようとすると、腰をいためます。重いものを持ち上げる時無意識のうちに、スクワットの時のように骨盤をたてて背すじをのばしてはいませんか?これはようするに腰に負担がかからないように、脊柱起立筋と共同して大きな力を発揮できるように大殿筋(大臀筋)とハムストリングスを稼働させるためです。そして背すじをのばすために脊柱起立筋が働きます。

大沼きんでは脊柱起立筋をきたえる代表的な種目バックエクステンションをやってみよう。

<<チンニングバリエーションへもどる | バックエクステンションへGo!>>

2014年10月31日更新

関連タグ : 背筋 脊柱起立筋 コア・体幹

画像文章他あらゆる内容を無断で複製・転載はしないでください!