肩甲骨の機能解剖 - 僧帽筋・菱形筋・肩甲挙筋・前鋸筋・小胸筋

解剖学トレ知識

大沼きん上半身のバランスをささえる肩甲骨の周辺の筋肉には多くの筋肉が複雑に入り組んでいてややこしいですが、「肩甲骨を動かしたり固定するための筋肉」と「肩甲骨から腕を動かすための筋肉」の二つの役割に分けて考えると理解しやすいと思います。このページでは「肩甲骨を動かしたり固定するための筋肉」について学びましょう!
※「肩甲骨から腕を動かすための筋肉」については肩関節のページで!

肩甲骨の挙上下制前肩甲骨の上方回旋下方回旋前肩甲骨の内転外転前

肩甲骨の動きは上のように

  • 挙上ー下制
  • 上方回旋ー下方回旋
  • 外転ー内転

の三つの動きがあります。それぞれ動きごとにどんな筋肉がどのように働くか見ていく事にしましょう。

挙上ー下制

肩甲骨の挙上下制前僧帽筋図菱形筋・肩甲挙筋図

上方回旋ー下方回旋

肩甲骨の上方回旋下方回旋前肩甲骨の上方回旋下方回旋後ろ僧帽筋図前鋸筋・小胸筋アニメ

肩甲骨が上方回旋すると、小胸筋が下制に働き肩甲骨を体幹に引きつけ安定させる。鎖骨を触って肩甲骨を挙上させたまま、腕を上に上げてみよう。腕が上がると同時に鎖骨が下に下がる(つまり肩甲骨が下がる)のが分かる。

外転ー内転

肩甲骨の内転外転前肩甲骨の内転外転僧帽筋図菱形筋・肩甲挙筋図前鋸筋・小胸筋アニメ

きんおし!

肉単肉単
トレーニングには解剖学は欠かせない知識ですが、なかなかとっつきにくいものがあると思います。でもこの本なら大丈夫。オールカラーイラストで、筋トレに関するコラムも交えながら楽しく機能解剖を学べます。

取り扱い書店Amazon | YAHOO!ショップ | 楽天市場

関連タグ: