乳酸の代謝のしくみ

理論・基礎知識

▼目次 【非表示

1:乳酸とは

大沼きん無酸素運動の解糖系(乳酸系)エネルギー代謝の代謝物は乳酸という物質で、これが血液中にたまってくると筋肉が熱く感じるような筋肉痛が起こり運動ができなくなります。運動をやめ血流が回復すると、酸素で燃焼され二酸化炭素と水に分解されますが一部は再びグリコーゲンの生産に利用されます。また、この解糖系(乳酸系)システムの作動が本格化し始め乳酸生産量が急増するポイントを乳酸閾値(LT値=無機的閾値AT)と言い、持久力の目安となります。

※有酸素運動時も、脂質だけでなく糖質もエネルギーとして使われるので乳酸が代謝物質として産生されますが、無酸素運動のようにたまる事はなく血流によって処理されます。

LT値と有酸素系トレーニング方法について詳しい記事が掲載されています。中長距離選手必見!
くわしくはこちら>>

2:筋トレと乳酸

筋トレは無酸素運動で、乳酸をより多く産生させる事により成長ホルモンが多く分泌され筋肉が発達すると考えられています。そのためこの無酸素運動の効果をより引き出すため、乳酸系の運動が40秒ほどしか続かないという原理を利用して、1セットにかかる時間が「40秒ほどが限界」な負荷に設定するのもトレーニングのコツです。

関連ページ

乳酸をどう活かすか乳酸をどう活かすか 八田秀雄 編纂

乳酸はエネルギー源?すべての運動は有酸素運動?「疲労物質」と一般に勘違いされている乳酸はもともと疲労物質ではないのです。乳酸の最新研究をまとめた乳酸決定版。

Amazon | YAHOO!ショップ | 楽天市場

大沼きんようするに乳酸が血液中に蓄積されてきた状態の時は筋肉が熱く筋肉痛になり、筋力と柔軟性が低下します。そのため乳酸が"疲労物質"ともよばれるようになったと思われます。しかしもうお分かりのように、有酸素運動時は乳酸そのものもエネルギーとして使われるので決して乳酸そのものが疲労の原因というわけではないのです。

そしてさらにパワーのある運動、40秒も続かないような運動もありますよね。次はそんなハイパワーのエネルギーについてです!

<<糖質へもどる | クレアチンリン酸へGo!>>

関連タグ : 食事 糖質・炭水化物