ハムストリングス(太もも裏側)の特徴と股関節ストレッチ

ストレッチ・ウオーミングアップ
筋トレ・フィジカル > ストレッチ > スタティック > ハムストリングスと股関節

ハムストリングスストレッチ×こんなかんじのストレッチ、してませんか?ちがいますよ。これじゃハムストリングスはうまくストレッチできないんです。ていう「ハムストリングスってなに?」とか言ってませんか?!そしてそのハムストリングスときりはなせないのが股関節の柔軟性の重要性です!正確なストレッチ方法をマスターしよう!

1:ハムストリングスとは

股関節の屈曲・伸展ハムストリングス解剖図股関節の内旋外旋動作アニメ

太ももの裏側には半膜様筋、半腱様筋、大腿二頭筋の三つの筋肉があり、大腿二頭筋はさらに長頭と短頭に分かれています。これら四つの筋肉を総称してハムストリングスもしくはハムストリングと呼びます。大腿二頭筋短頭を除くの三つは、股関節の伸展と膝関節の屈曲に働く二関節筋(複関節筋)です(→上左股関節)。大腿二頭筋短頭だけは膝関節の屈曲のみに働きます。さらに半膜様筋と半腱様筋は股関節と膝関節の内旋、大腿二頭筋は股関節と膝関節の外旋に働きます(→上右股関節)。

2:股関節の柔軟性

スクワットこのハムストリングスの柔軟性が運動する上でいかに大事かというのはをスクワットすればわかります。ハムストリングスがうまくストレッチできないと、右のように股関節の前傾がとれず膝を突き出すようなポジションになってしまいます。これはスクワットに限らず「パワーボジション(バランスポジション)」ともいわれる動きの基本姿勢にも共通する問題なのだ!

3:股関節伸展

ランジ2

このハムストリングスを伸ばすのは多くの人がヒーヒーうなっているのではないかと思いますが、強い負荷がかかると肉離れもしやすい筋肉なので柔軟性も不可欠だと思います。膝をのばしていきなり最大稼働域からストレッチするのではなく、上のようにまずは膝を屈曲させた状態で股関節側からハムストリングスに効かせてみましょう。深く下ろすほど前脚の股関節が深く屈曲されハムストリングスがストレッチされます。

深いランジ▲こんなのとか。股関節にぐぅぅっと効かしてみよう!

スクワット(→スクワットの基本)でもなかなかハムストリングスを意識するのが難しい初心者の場合は特にこの方法でこの筋肉を意識するようにしてみよう(→ウオーミングアップ)。

ハムストリングスストレッチ×では膝も伸ばしてヒーヒー言ってみよう!そして右のやり方がなんでダメなのかもいよいよ明らかに!!

フルレンジでレッツストレッチ!>>

関連タグ : ストレッチ・ウオーミングアップ ハムストリングス

高性能ダンベルパワーブロック

ブログパーツ