筋曜日の肉たちへホーム

筋トレから体幹・ダイエット他フィットネス・スポーツトレーニング総合サイト!

メニューボタン新着この筋トレ何kcal?この筋トレ何回する?

ダダ中高年と大腿四頭筋

大沼きん日体協認定スポーツプログマー , SAQトレーニング認定インストラクター , JATI認定トレーニング指導者
※当サイトは2004年開設のオリジナルサイトです。記事解説文、イラスト、動画はすべてオリジナルです。当サイトの記事に類似したブログ・キュレーションサイト等にご注意ください。

あんたのそれ細すぎる、大腿四頭筋

ここまで、特にスクワットの解説では太ももの後ろ側のハムストリングスの重要性ばかりが強調されていたが、もちろん前部の大腿四頭筋中高年にとっては重要な筋肉だ。そしてやはり年齢ととともに衰えやすい筋肉であり、衰えると大変な事態になる。何?先に言え?帰れ。ではどう問題なのか解説した後この大腿四頭筋の集中筋トレ方法に入る。

1:大腿四頭筋のもう一つの顔

大腿四頭筋スイラスト

大腿四頭筋とハムストリングスのページで解説してはいるが、大腿四頭筋の働き、特に中央の大腿直筋についてさらに別の見方で解説する。

股関節の屈曲伸展大腿四頭筋全体としては膝関節の伸展、つまり脚を伸ばす働きがメインだがこの大腿直筋は膝伸展に加え股関節の屈曲(→右)、つまりももを持ち上げる働きをする。この大腿直筋の屈曲力が弱いと上体が後ろにのけぞってしまうことになる。つまり大腿四頭筋が衰えると後ろに倒れやすくなってしまうのダ。

大腿四頭筋が弱いと後ろに倒れやすい

その結果、後ろに重心がかかって倒れそうにならないように背中を丸めて前屈みになるクセが突き腰が曲がってくる可能性もある。ではその大腿四頭筋、特に大腿直筋に効きやすい筋トレをやってもらう。いやなら帰れ。

2:あなたには無理なレッグエクステンション

リバースレッグエクステンション右のようなレッグエクステンションという筋トレ種目をやってみよう・・・・・といってもたぶんあなたには無理ダ。やれるのならやればいい。何かにつかまって手で引っ張りながらやってもいい。このメニューのいい所は大腿四頭筋だけではなく腹筋や腸腰筋など体の前側の筋肉全般に負荷がかかるところダ。後ろに倒れないように支えているのは大腿四頭筋だけではなくこれらの"前側"の筋肉が働くからダ。できるだけ複数の筋肉を同時に働かせて協調性もトレーニングするのがベストだが、しかしあなたにはどうせ無理だろうから腹筋は腹筋で別にきたえればいい。
腹筋についてくわしく
腸腰筋についてくわしく
レッグエクテンションをよりくわしく

ではできないあなたのためにしょうがないからあなたでもできそうな大腿四頭筋の筋トレも一応紹介しておく。

3:あなたでもできるレッグエクステンション

ゴムチューブを使ったイスでの大腿四頭筋トレーニング右のようにイスと足首をゴムチューブで結んで足を曲げ伸ばしするだけダ。膝が浮き上がらないように手で押さえて脚を固定するのがポイントダ。ジムなどではシーテッドレッグエクステンションというマシンがあるが、マシンと違ってゴムチューブでは負荷が安定せず、はっきりいってたいしたトレーニングにはならない。やらんよりはマシ程度ダ。むしろアイソメトリクストレーニングの方がよいかもしれない(→アイソメトリクストレーニングとは)。

←ゴムチューブ

ダダが最後にまとめ

ダダいかがダ。かなりキツい課題を課したと思うがそれはあなたの問題ダ。後ろに転倒したくなければ四頭筋をできる方法で鍛えればいい。

もちろん下半身だけでは納得できないだろう。では次ぎは上半身の使い方について学び、もっと人生を曲げる、いや変えるのダ。具体的には肩と肩甲骨である。

<<スクワットへもどる | 肩と肩甲骨へGo!>>

関連タグ : 股関節 大腿四頭筋

筋トレ・フィジカル>中高年

筋曜日の肉たちへ-アニメでわかる!筋トレ・フィジカル

サイトマップ | 災害支援 | 復刻版筋曜日 | 歴代トップページ | 筋トレ漫画

Don't copy without permission

Copyright©2003-2017 大沼きん ATELIERcudan All rights reserved