筋曜日の肉たちへホームsince2004

メニューボタンnewこの筋トレ何kcal?この筋トレ何回する?

ダダ股関節の働きと中高年の屈伸運動

大沼きんJATI認定ATI ,日体協認定SP ,NISAQ認定インストラクター
※当サイトはリライト記事(他人の記事を無断で再編集してオリジナルを装っている記事)で構成されたキュレーションサイト、まとめサイト等ではありません。

筋トレ・フィジカル > 中高年 > 股関節と屈伸運動

どうせ屈伸運動すらままならないあんただと思うが一応言っておく。

「準備体操しまーす!はい・・・・」といってまず始める運動。未だに各所で行われているあれ。そう、屈伸運動である。その屈伸運動を考えてみる。いまさら?とか思ったあなた・・・・・・・かえれ。

【目次】

  1. 屈伸運動がなんダ
  2. ただの屈伸じゃなくて股関節を使え
  3. ハムストリングスを使えと言うのに
  4. ダダが最後にまとめ

1:屈伸運動がなんダ

屈伸で腰をグギッ

上のアニメをもう一度、いや何度でも見るがいい。膝の上に手を乗せて同じ事をすればそのまま屈伸運動になるはずである。言い換えると屈伸運動を手を離して行うと危険と言う事ダ。手に重い荷物でも持って立上がろうものなら・・・・

2:ただの屈伸じゃなくて股関節を使え

屈伸の股関節角度変化

上のアニメを見るがいい。ただの屈伸では股関節の角度にまったく変化がない。腰に負担をかけずに立上がるには骨盤を立ててせすじをまっすぐにすればよいのだがそれには股関節が動かなければならない。そこでハムストリングスが重要になってくるのダ。

股関節角度変化した屈伸股関節が動けば「骨盤を立ててせすじをまっすぐ立上がる」な屈伸が可能だが、それには前ページでも解説した股関節のもう一つの働き「股関節の伸展」によって可能なのダ。

3:ハムストリングスを使えと言うのに

股関節の屈曲伸展

股関節の伸展はおしりの大殿筋(→股関節)、そして太ももの裏側のハムストリングの筋力と柔軟性が必要なのダ。ハムストリングスが働いて股関節が動く屈伸なら、体幹部分が安定しバランスよく立上がる事ができるのダ。

スクワット右のイラストを見るがいい。大殿筋とハムストリングスが収縮、つまり体幹(胴体)をひっぱる仕組みになっているのダ。この収縮、ひっぱりがないと股関節の角度が広がらず、腰が立たないまま起き上がる事になってしまうのダ。そしてこのようなハムストリングスが働いて股関節が動く屈伸運動こそがそう、スクワットスクワットなのダ。いわゆる屈伸運動とスクワットでは大違いなのダ。

しかもこのスクワットなら、ハムストリングスはもちろん大腿四頭筋、さらに体幹部分を安定させるための腹筋や背筋群もトレーニングできるのダ。

ダダが最後にまとめ

ダダどうダ。いや、こんなスクワット、へっぴり腰やないけ、なんといっても屈伸100回じゃボケぇ、と思ったあなたはもう知らない。逆に興味はあるがこんなスクワットいきなりできそーもない、むしろ腰に悪そう、と思ったあなた、もちろんいきなりこんなバーベルを担いでやる必要はない。それではスクワットの前に、股関節の柔軟性と体幹の安定性を高めるストレッチをやってみよう。

<<概論へもどる | 股関節のストレッチへGo!>>

関連タグ : ストレッチ・ウオーミングアップ

筋トレ・フィジカル>中高年