筋曜日の肉たちへホーム

2004年誕生!筋トレから体幹・ダイエット他フィットネス・トレーニング総合サイト!

メニューボタン新着この筋トレ何kcal?この筋トレ何回する?

ダンベルシュラッグアニメショルダーシュラッグ - 僧帽筋と肩甲骨のしくみと筋トレ方法

ホーム > 肩・肩甲骨・首 > 肩甲骨周辺・首 > ショルダーシュラッグ・僧帽筋

公開日2008年11月11日 : 更新日

1:肩こり筋?!僧帽筋の筋トレシュラッグとは?!

肩の筋肉にもいろいろあります。前ページまでの三角筋は「腕と肩甲骨をつなぐ筋肉」で、今回紹介する僧帽筋は「肩甲骨と脊椎をつなぐ筋肉」です。では詳しく見てみましょうそしてこの僧帽筋をトレーニングするのがシュラッグという筋トレだ。僧帽筋と肩甲骨の動きを理解できる基本種目でもあるのでしっかりとマスターしよう!

2:これが僧帽筋だ!

僧帽筋 = 肩こり筋!

僧帽筋と骨格イラスト僧帽筋

僧帽筋とは首から背中にかけておおっている大きな筋肉で、肩甲骨をコントロールしたり、背中から首を起こしてせすじをのばして支える役割もになっています。さらに腕と肩甲骨を首から吊り橋のように吊り下げるような吊り橋のような構造にもなっているため、腕、そして首を常に持ち上げている状態なので疲労しやすい筋肉です。肩がこるわけです。つい腕を組んだり手を腰に当ててしまうのは、僧帽筋を浮かせて負荷を軽減するためなんですね。

筋トレでも大忙しの僧帽筋!

ベンチプレスバーベルスクワットベントオーバーロー他様々なトレーニングで「肩甲骨をよせて胸を張る(肩甲骨の内転:下)」ためにこの僧帽筋が力を発揮しています。またアームカールのようなダンベルを両手に持つトレーニングでもやはり僧帽筋が腕と肩甲骨を持ち上げるため(肩甲骨の挙上:下)に働いています。

肩甲骨内転外転アニメ動画肩甲骨内転挙上下制アニメ動画

肩甲骨動かしアニメ動画そしてこの二方向の動きを同時に行うと右のような"肩回し"の動きになるのです。肩・肩甲骨周辺のウオーミングアップとして必須の動きですね。ここでは特にその

  • 肩甲骨をよせる動作(内転:下左)
  • 肩をすくめて持上げる動作(挙上:下右)

この二つの働きを鍛えるダンベルを使った筋トレ種目「ダンベルショルダーシュラッグ」をやってみよう。これで僧帽筋のほぼ全体(特に上部と中部)をきたえることができます。

3:僧帽筋をきたえるダンベルショルダーシュラッグ

基本ポイント

ダンベルショルダーシュラッグ正面アニメ動画バーベルを使ったシュラッグの方がより高重量を上げる事ができますが、ダンベルを使うと肩甲骨の稼働域の自由度が増すという利点があるので、僧帽筋を動かして肩甲骨をコントロールする感覚を身につけるには適しています。ポイントは、挙上しながらぐぐっと肩甲骨を内転させて胸をはり僧帽筋を収縮させます。上げきったところで一瞬止めてから3秒ほどかけてゆっくりコントロールしながら下ろします。

  • 肩甲骨を挙上しつつ内転させ胸をはる!
  • 吸いながら上げ吐きながら下ろす!

さらに僧帽筋に効かす方法

ダンベルショルダーシュラッグ側面アニメ動画ダンベルショルダーシュラッグ悪い例側面アニメ動画

上左のように前傾姿勢をとると、肩甲骨内転方向により負荷をかけることができます。ただし上右のように上体が前後に動いてデッドリフトみたいにならないように注意しよう。体幹を固定してあくまで肩甲骨を動かして僧帽筋を使ってください。先に紹介したウオーミングアップの「肩回し」をダンベルを持って行うのと同じです。また、下半身の反動を使わないようにサイドレイズの時のように座ってやってもかまいません。

ではより僧帽筋への負荷を高めるためにバーベルでシュラッグをやってみよう!

4:バーベルショルダーシュラッグで僧帽筋を強化!

基本ポイント

ショルダーシュラッグ

基本的にはダンベルショルダーシュラッグと全く同じです。

  • 息は吸いながら上げ、吐きながら下ろす!
  • 挙上しながら肩甲骨内転動作を加える!

僧帽筋強化の意義とは

バーベルシュラッグはダンベルに比べると、肩甲骨の内転の動きは小さくなりがちです。しかし重量が重い分挙上動作により強い負荷がかかり、僧帽筋を強く発達させることができます。肩甲骨の挙上動作は投球や物を持ち上げる動作時に重要な働きです。また僧帽筋は左右両肩甲骨と両腕をぶら下げているため常に負荷がかかり疲労しやすい筋肉です(肩こりの原因?)。シュラッグによる僧帽筋の筋力・持久力強化は、地味だが欠かせない筋トレなのです。

きんポイント!

  • 僧帽筋は肩甲骨の挙上動作は投球や物を持ち上げる動作時に重要な働き!
  • 僧帽筋は左右両肩甲骨と両腕をぶら下げているため常に負荷がかかり疲労しやすい!

★おすすめ筋トレグッズ

リストストラップリストストラップ
くわしく>>>

シュラッグやデッドリフトのような、自分の体重よりも重い高重量を上げられるプル系種目では、握力が先にまいってしまい目的の筋肉を限界まで追い込む事ができないことがあります。そんな時このストラップを使えば握力を気にせず高重量で僧帽筋を限界までおいこめます。材質によっては手首にくいこんで痛いときがあるので左のような柔らかい素材の革製がおすすめ。
リストストラップの使い方

amazon | YAHOO!ショップ | 楽天市場

★各種高重量ダンベルセット★

クロームラバーダンベル 全面ラバーダンベル周囲ラバーダンベル
▲クロームダンベル
グリップ部分がローリング(回転)してくれるので遠心力がかからずスムーズな動作が可能なタイプ。ジムやクラブにあるのはだいたいこれだが重さに限界がある。
▲ラバーダンベルセット
左は全面をラバーでコーティングされているタイプでグリップも回転式。右は輪っかの部分がラバーのタイプで価格的にややお得でカラーも選択できる。

ゴールドジム | イトセ | ファイティングロード | IROTEC
amazon | YAHOO!ショップ | 楽天市場 | ヤマダモール

まとめ

大沼きんどうだったかな?肩甲骨周辺の柔軟性はあらゆる動きに摂って重要な要素ですから、このシュラッグの動作の稼働域をしっかり広げるように意識しよう(→ウオーミングアップ)。

では次は僧帽筋のもう一つ重要な役割である"首"の働きと首の筋トレをやってみよう!

<<ショルダープレスへもどる | 首へGo!>>

関連タグ : 背筋 コア・体幹