筋曜日の肉たちへホーム

2004年誕生!筋トレから体幹・ダイエット他フィットネス・トレーニング総合サイト!

メニューボタン新着この筋トレ何kcal?この筋トレ何回する?

プッシュアップバー画像プッシュアップバーの使い方 - 大胸筋への効果を高める腕立て伏せのやり方

ホーム > 大胸筋 > 腕立て伏せ > プッシュアップバー

公開日2008年3月23日 : 更新日

1:プッシュアップバーで腕立て伏せの効果倍増だ!!

普通の腕立て伏せじゃ何十回も余裕でできちゃって物足りない!そんな時おすすめなのがプッシュアップバー、プッシュバーなどと呼ばれる筋トレ器具だ腕立て伏せ以外の種目にも使えるのでこれ一つで筋トレの幅がグンっと広がるぞ!特に大胸筋への効果を高めるプッシュアップバーの使い方をマスターして腕立て伏せをレベルアップしよう!!

2:プッシュアップバーの使い方

さっそくプッシュアップバーを使って実際に腕立て伏せをやってみよう。まずは大胸筋への効果の高い基本的な使い方から解説。

  1. プッシュアップバー腕立て伏せ腕の角度腕を左のイラストような角度にします。手首は内側にも外側にもひねらず自然な八の字の状態に置きましょう。グリップ部分と上腕(二の腕)がイラストのように平行になるようにするとよいでしょう。
  2. 手首-肘を地面とできるだけ垂直に保つと同時に、下のイラストのように正面から見て肩のラインが地面と平行になった時に手首-肘ラインと肩のラインが直角になるようなポジションをとります。
    プッシュアップバー腕立て伏せ正面プッシュアップバー腕立て伏せ横
  3. 基本の腕立て伏せ同様、腹筋と背筋も意識して首から足まで一直線に維持する。
  4. あまり強く握り込まず、グリップに軽く乗せるような感覚でよいです。

うまくできたかな?ではプッシュアップバーを使う事でどんな効果があるのか、通常の腕立て伏せとどこがちがうのかを解説だ!

3:プッシュアップバーの効果

効果1:肩関節と大胸筋の稼動域を広げる!

腕立て伏せ肩の稼働域

腕立て伏せのページでも解説しているように、筋トレの負荷を上げる方法として「稼働域を広げる」という方法があります。腕立て伏せの場合は、のように肩関節の稼働域を広げる事によって大胸筋の伸縮する長さが広がり負荷が高まります。そこでプッシュアップバーを使うと・・・

通常の腕立て伏せとの肩の稼働域の差

このように、

通常の腕立て伏せに比べて体をより深く下ろす事ができるので、より胸を大きく張れて大胸筋の稼働域が広がる

のです。

「本かなんかでいいじゃん」と突っ込みたくなった方、そのとおりです。だがプッシュアップバーを使う効果は利点はそれだけではないのです!

効果2:ベンチプレスに近くなる!

ダンベルベンチプレスアニメ動画

これは何?そう、ダンベルを使ったベンチプレスです(→ダンベルベンチプレスをくわしく)!大胸筋の筋トレと言えばやはりこのベンチプレスですが、ベンチプレスの特徴は、下のように

ベチプレス横

手首と肘が地面に対して垂直になるよう維持する事で大胸筋に的確に負荷をかけられる

事です。

しかし通常の腕立て伏せでは、手のひらをベタっと床に着けるため腕をのばすたびに手首も動いてしまいます。ところがプッシュアップバーを使えば下のように

プッシュアップバー腕立て伏せ横

手首が安定し、ベンチプレスに近い形で大胸筋に負荷をかけることができる

のです!!

では数あるプッシュアップバーの中から使いやすいおすすめできるタイプを紹介。

4:プッシュアップバーの選び方

プッシュアップバー画像ワタクシのおすすめのプッシュアッフプバーは左のようなタイプ。コンパクトでグリップ部の高さもほどほど安定感があり、手の位置が高すぎて負荷が弱まる事もありません。ぐらつきもなく使いやすい。安定感がよくぐらつきがないということは

不必要に強く握り込む必要もなく軽く手を乗せるくらいでも安定している

のがこのタイプのミソです。バーをあまり強く握ると腕に不必要な力がはいってしまいます。安定感が高く握りやすいものを選ぶのがポイントです。

★各種プッシュアップバー★

eSPORTS | 楽天市場 | amazon | YAHOO!ショップ

固定する事ができれば軽量のクロームダンベルや鉄アレイでもできないことはありません。プレート式のダンベルだと、小径のプレートなら大丈夫ですがプレートが腕に当たってしまう場合があります(→各種ダンベル解説)。

→その他各タイプ別プッシュアップバー解説

ITOSEラバーダンベルラバーのカラーが選べるプレート式ダンベルセット。
くわしく>>

まとめ

大沼きんただ大胸筋の稼動域を広げるだけなら本かなにかでもいいですが、解説したように手首の使い方にプッシュアップバーを利用するポイントがあります。

→その他各タイプ別プッシュアップバー解説

次は逆に強度を弱める方法として行なわれる事がある「膝つき腕立て伏せ」について考えてみましょう。

<<腕立て伏せの負荷調節方法へもどる | 膝つき腕立て伏せへGo!>>

関連タグ : 腕立て伏せ 大胸筋 上腕三頭筋 コア・体幹