筋曜日の肉たちへホーム

2004年誕生!筋トレから体幹・ダイエット他フィットネス・トレーニング総合サイト!

メニューボタン新着この筋トレ何kcal?この筋トレ何回する?

プロテインイラストプロテイン・アミノ酸の基礎知識とホエイ・ソイ・BCAA他成分や特徴解説

公開日2007年12月頃 : 更新日

1:プロテインっ何?

プロテインの中身は何?

プロテインなんか飲んだら・・・・!?まずはプロテインの基本中の基本事項の確認だ。プロテインについての誤解を着実に解いていこう!

「プロテイン」とは「タンパク質」という意味です。つまり一般にプロテインと呼ばれているものは、

牛乳や大豆を原料にして作ったタンパク質の加工食品

です。余分な脂質成分を排除した分タンパク質を効率よく摂取することができる健康食品でもあるのです。しかしいまだに「薬」とか、「副作用で髪がの毛が抜ける!」とか「筋肉にスゴい効き目のあるやつがある!」などと勘違いしている人もいるようです。

アミノ酸とタンパク質

そしてタンパク質とは、身体を作るのに必要な基本的な20種類のアミノ酸できています。ですからプロテイン = タンパク質をとれば必要なアミノ酸もとれることになります。

そしてプロテインと一口で言ってもいろんな種類、製品があります。次それらのうち最も代表的なプロテインについて解説しましょう。

2:プロテインの種類

ホエイ

ホエイプロテイン現在もっともポピュラーなプロテインで、乳性タンパクのうちカゼインなどを除いて10%ほどふくまれる乳清のことを言う。筋タンパク同化作用が強い必須アミノ酸BCAA(→後述)の含有率が非常に高い。また消化吸収も速くトレーニング直後などに利用するとよい。

ホエイプロテインカタログはこちら

大豆(ソイ)

大豆プロテイン大豆が主原料の植物性プロテイン。BCAAの含有率もホエイなみにあるともいわれている。その他大豆の栄養成分に注目しホエイではなく大豆を選ぶ人も多い。

大豆プロテインカタログはこちら

3:カゼイン

ウイダー マッスルフィットプロテイン バニラ味 2.5kg乳性タンパクからホエイを取り除いたもの。ホエイよりも消化吸収がゆっくりおだやかで、トレーニング直後以外の通常の栄養補給に利用するとよい。しかし牛乳にはカゼインが多く含まれているので、最近はホエイ+牛乳という組み合わせが主流でカゼインのみのプロテインの製品は減少傾向にある。

カゼインプロテインカタログはこちら

ウエイトゲイン・ダイエットプロテイン

ザバス ウェイトアップ 1.2kg

トレーニング直後の栄養補給は

糖質:タンパク質の比率3:1から4:1

ぐらいものをとると、筋グリコーゲンの回復(→超回復とは)やアミノ酸の吸収効率がよい。ウエイトゲインやウエイトアップ系プロテインは糖質:タンパク質の比率3:1から4:1ぐらいに配合されたトレーニング後のためのプロテイン。筋肉作りに必要なビタミンやミネラルも添加されている。また、タンパク質だけではなく体に必要な栄養バランスが配合されているウエイトゲイン系プロテインはダイエット食にも最適。

ウエイトゲイン・ダイエットカタログはこちら

プロテインバー

ウイダーinバープロ プロテインイン バニラ 36g水や牛乳に溶かさなくても、いつでもどこでも手軽に栄養補給ができる便利な携帯用プロテイン。

プロテインバーカタログはこちら

BCAA

BCAA5000 パウダータンパク質を構成する20種類のアミノ酸のうち、体内で合成できない9種類のアミノ酸を必須アミノ酸と言う。BCAAとはその必須アミノ酸のうちバリン、ロイシン、イソロイシンのことで、筋肉のみで代謝されるアミノ酸。筋肉合成を促進する働きの他、運動中エネルギー源としても使われるのでドリンクで補給すれば筋肉タンパク質の分解(→糖質)を防ぎ疲労を軽減する働きもする。

BCAAカタログはこちら

まとめ

大沼きんいかがだったかな?だいたいプロテインとはなんぞやということがだいたいわかったかな。それでは次はそれらから自分に必要なプロテインの効果的な飲み方を伝授しよう。

プロテインの飲み方へGo!>>

関連タグ : 食事 プロテイン タンパク質 糖質・炭水化物