筋曜日の肉たちへホーム

2004年誕生!筋トレから体幹・ダイエット他フィットネス・トレーニング総合サイト!

メニューボタン新着この筋トレ何kcal?この筋トレ何回する?

ヒップリフト動画ヒップリフト - おしり・大殿筋を大きくする筋トレ

ホーム > 下半身 > 股関節・大腿 > ヒップリフト

公開日2017年12月18日 : 更新日

1:スクワットが無理?ならおしりにピンポイントのヒップリフト!

スクワットでもおしりの筋肉大殿筋を大きくきたえることはできます。むしろおしり種目としてはスクワットは最強です。でもスクワットはしんどいし、脚にもくるし、むしろ脚ばかりでおしりに効いた感じしない・・・という人も多いのではないでしょうか。そこでスクワットの前にまず、脚を使わないおしり、大殿筋をピンポイント(アイソレート)で筋トレするヒップリフトという種目をやってみよう。これで自慢のパツンパツンのバックラインが手に入るかも?!もちろん見た目ということではなく股関節伸展のための大殿筋トレーニングは走る、跳ぶなどほとんどの運動動作に重要です!!

2:大殿筋とヒップリフト実践方法

大殿筋の働きとスクワットの効果・難点

大殿筋と骨盤後面イラスト股関節の屈曲伸展動作アニメ動画

正しいフォームのスクワットおしりの部分の外から見える最も大きい筋肉である大殿筋(→股関節のしくみ)の主な働きは股関節伸展動作、つまり脚を後方に引く動きです。スクワットでは立ち上がる時にその股関節伸展動作に大きく負荷がかかるためおしりの筋トレには最大の効果があるのです。しかし同時に脚の筋力が弱いと十分股関節に的確に効かせられないという難点もあります。では脚に負荷をできるだけかけずに股関節伸展動作だけに負荷をかける筋トレはないか、スポーツクラブ等ならヒップマシンというものがありますが、フリーウエイトや自宅ならやはりヒップリフト、がベストでと思います。では実際にヒップリフトをやってみよう!

ヒップリフト基本フォーム

ヒップリフト

バーベル等ウエイトを使う場合は股関節、つまり脚のつけねの上に乗せます。上半身がベンチからずれないように安定させるのがポイント。足は地面から膝までが垂直になるようにポジションをとるのがおしりに効かすコツです。

  • 膝を伸ばすほど太もも裏のハムストリングスが働きやすくなる
  • 逆に膝を曲げすぎると大腿四頭筋を使ってしまう

のでおしりに効くポジションを見つけよう。

また、足は揃えるよりもやや開いた方が大殿筋に効きやすい。「おしりを締める」ような意識で持ち上げよう。

▼こちらも!

3:ヒップリフトの注意点

ヒップリフトNG

上のように、おしりを持ち上げた時に背中が丸まった状態になってしまっているのは、

大殿筋よりも腹筋を強く使ってしまっている

結果です。スクワットでは同様背中が丸まらないように体幹をフラットに維持しますが、ヒップリフトの場合はおしりを突き出すくらい意識した方が大殿筋に効きます。 胸をはり、とにかくおしりを使う、おしりで持ち上げる事を徹底しよう!

  • 体幹を丸めて腹筋を使わないようにする!
  • 胸をはる
  • おしりを締める!

▼こちらも!

4:ヒップリフトを何回やればおしりを大きくできるか

おしりを大きく盛り上げるということは、大殿筋を筋肥大させるということです。筋肥大させる筋トレ方法の基本は

  • 10回から15回くらいが限界の負荷で限界まで × 3〜4セット
  • セット間のインターバルは1分以内

のようなメニューでやってみよう。おしりをパツンパツンにパンプアップさせよう。

▼こちらも!

5:その他のおしり筋トレ

バックレッグレイズ

アームレッグクロスレイズトレーニングアニメ動画

ヒップリフトより簡単でどこでも手軽にできるのがこのバックレッグレイズです。体幹が曲がらないように一直線に維持し股関節だけが動くようにするのがポイントです。やはりおしりをしっかり締めるような意識でおしりでもちあげよう。持ち上げる時に勢い良く膝を伸ばさないように注意しよう。おしりで持ち上げたら自然に膝も伸びた、ような状態が理想ですが、どうしても、前太もも力が入ってしまう場合は膝を曲げたままもちあげてもよいです。

  • おしりを使って5秒くらいかけてゆっく持ち上げる
  • おしりに効かして5秒くらいかけてゆっく下げる

ようにやってみよう。

▼こちらも!

アームレッグクロスレイズポイント体幹トレーニングと股関節

股関節をスムーズに動かして、おしりの大殿筋を働かすには体幹の強さ・安定性も必要になる。さらに体幹を安定させるには股関節筋にの柔軟性と肩甲骨・肩周辺の柔軟性も必要だ。このバックレッグレイズはそれらを向上する体幹トレーニングのメニューとしても行うと良い。
→体幹トレーニングについてくわしく!

リバースバックエクステンション

リバースバックエクステンション

バックレッグレイズを両脚で行うのがこのリバースバックエクステンションですが、背筋のページで紹介しているように脊柱起立筋の筋トレメニューでもあります。膝を伸ばして行うのでハムストリングスにも効きます。

ルーマニアンデッドリフト

こちらのルーマニアンデッドリフトもデッドリフトのページで解説しているように基本的に脊柱起立筋メニューですが、リバースバックエクステンションと同様やはりハムストリングスにも効きます。しかし股関節伸展は、大殿筋とハムストリングスが強調して働くのでヒップリフトが難しい!バッククレッグレイズでは楽すぎる!という場合はこちらのリバースバックエクステンションやルーマニアンデッドリフトの方がとりくみやすくてスクワットよりもおしりを意識しやすいのではないかと思います。

骨盤後面と殿筋群おしりにもインナーマッスル?3つの殿筋とは

股関節には大殿筋の下にさらに中殿筋と小殿筋がありそれぞれ独自の働きがある。スクワットやヒップレイズでも中殿筋と小殿筋が大殿筋を補助して働いているが、これらをさらにピンポイント(アイソレート)できたえればおしりのさらなる盛り上がりが期待できるかも?!
→中殿筋・小殿筋の筋トレ方法はこちら!

▲▼各種バーベル・ダンベル▼▲

スーパースポーツカンパニーオリンピック バーベル セット 254kg オールラバータイプバーベル セット 140kg ラバータイプ右は周囲をラバーでコーティングして安全性と静音性を高めた安価タイプのバーベルセット。左は全面ラバーコーティングの本格派。

ゴールドジム | イトセ | amazon | YAHOO!ショップ | 楽天市場

まとめ

大沼きんいかがでしたでしょうか?最もありがちなのはやはり腹筋や脚の力でもちあげてしまうこと。このヒップリフトに限らず「ねらった筋肉を使って効かす」のはすべての筋トレメニューにおいて共通の基本です。ヒップリフトでは「とにかくおしり」です。

では次は逆にその脚の方をきたえる筋トレをやってみよう。まずは太ももの前、疲れたら一番やばいあの部分、大腿四頭筋から!

<<ダンベルスクワットへもどる | リバースレッグエクステンションへGo!>>

関連タグ : 股関節

^