筋曜日の肉たちへホーム

2004年誕生!筋トレから体幹・ダイエット他フィットネス・トレーニング総合サイト!

メニューボタン新着この筋トレ何kcal?この筋トレ何回する?

キャリオカアニメ動画キャリオカ - 体幹レベルアップ編 - 実践!ダイナミック(動的)ストレッチでウオーミングアップ!

公開日2016年6月1日 : 更新日

1:体幹をねじるウオーミングアップメニューとは

今度は体幹部分の「ねじり」を強調したウオーミングアップメニューをやってみよう。キャリオカ、もしくはカリオカと呼ばれるこの動きは体幹全体の回旋稼働域をより大きくすると同時に細かいフットワークも要求されるので、予測できない動きの中でバランスをくずしたりを痛めない動きを作る効果的なアップだ!

2:キャリオカの基本

体幹をねじる

キャリオカキャリオカスロー

体幹全体をできるだけねじりながら重心移動します。

腰をねじらず体幹の上の方を使う!

腰はねじれない?!

脊椎のしくみそもそも腰、腰椎はねじれないのです。脊柱は、のように合計24個の脊椎が重なってできていますが、釣り竿のように根元は太くて固く先の方ほど細く柔らかくなります。そのため先の首の方(頸椎)は大きくぐるぐる動きますが、根元の腰の部分の腰椎は太くて大きく5つしかありません。5つ全部あわせても回旋稼働域は10度程度しか回らないのです。それに対して胸椎は、肋骨がジャマしているものの12個もあり全体としては腰椎よりは大きく回旋、つまりねじることができるのです。

股関節と体幹で打つ突きそのためよく「腰を入れろ!」などと言われるが、本当に腰からねじろうとすると、ねじれないものを無理にねじることになり危険。股関節と体幹全体を使おう。
体幹と股関節と空手

キャリオカ高速でもやってみよう!

2:キャリオカを使った応用移動技術

キャリオカ応用技術

ラン → キャリオカのステップでターン → バックラン → キャリオカターン → ラン → 1回目と逆回転でターン → バックラン → 1回目と逆回転でターン → ラン

キャリオカ応用技術の走行ライン

キャリオカのステップターンを使うとぶれずに一直線上を走ることができます。サッカー、野球の外野手他様々な場面で使えるのでぜひマスターしよう!

キャリオカ応用技術の走行ライン失敗例

まとめ

大沼きん体幹のウオーミングアップであると同時に回転系ステップを使ったときの体幹と下半身の協調性(コーディネーション)のトレーニングにもなるのがこのキャリオカです。ぜひ取り入れよう!

→コーディネーショントレーニングとは

ではいよいよ次は各ダイナミックストレッチのメニューを取り入れたウオーミングアッププログラムを実際にやってみよう!

<<股関節・体幹レベルアップ編へもどる | ウオーミングアッププログラムへGo!>>

関連タグ : 股関節 体幹・コア ストレッチ・ウオーミングアップ

^